ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

外は寒いけど…

すこぶる寒くなってきたので 炬燵を出しました。


浜モンは 最初は普通に座ってますが 徐々に眠くなってくると 
炬燵の中に体が埋まって行きます。
眠りにつきそうな顔をして とても気持ちが良さそうです。
ウトウトした状態の時に声を掛けると『静かにして!』と怒ります。


この時のタイミングを見計らって『ミカンを置いとくよ。』と 
炬燵の上の少しだけ手の届かない位置にミカンを置きます。
浜モンが 手探りをしながら少しずつ 炬燵の中から体を出してきます。


ミカンを1個掴むと 炬燵の中にスルスルと体が潜って行きます。
食べ終えて 次のミカンを取ろうと炬燵から体を出そうとしてる時に
運動した方が良いと思うので もう少しだけ届かない遠くの位置にミカンの置きます。


今度は 面倒くさいのかミカンを数個纏めて取り込み 
炬燵の中に体を潜らせようとしてます。
『だらしないから ちゃんと座って食べたら。』と言っても
「静かにして!』と言うだけです。


ミカンが無くなると『持ってきて。』ですって。


何かに似てるよなぁ~と思いながら 浜モンの寝ぼけ顔を見て気付きました。
『これって 水族館のチンアナゴと同じじゃねえかよぉ~』


私は 去年から インドアからアウトドアに 切り替えました。
以前 出張先の会社の廊下に吊るされた社是を見て 
凄いと思い ずーっと記憶に残ってる言葉があります。


    ~ 健康が全てではない。
        が、健康がなければ全てが始まらない。 ~


体もそうですが、心も健康となるように努力をしなければ 
何を始めても 何も始まらないと同じだという事でした。
以前は インドア生活で 生活空間が かなり狭まってましたが、
遅まきながら アウトドアを始めて 徐々に 色々と活動範囲が広まりました。


今は インドア生活に戻る気持ちはありません。
学生の頃、先輩に聞いた面白い話があります。
その先輩は陸上の中距離選手で 走り方を教えてもらいました。
『腰を押し出すように歩く。全身の力を抜いて歩く。ただ、両手の小指は丸めておく。
 肘は曲げない。自然体で歩く。疲れてきたら 小指にギュッと力を入れる。』


私の今の生活リズムと同じです。
力を入れないで 前に向かって歩く。
疲れてきたら ちょっとだけ 1ヶ所に集中しギュッと もうひと踏ん張り…

 

        チンアナゴです。画像はお借りしました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。