ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

カレーライスと里川の滝巡り

カレーライスは子供の頃から変わることなく 私の好きな食べ物です。

      

      ※ 写真はお借りしました。
たった一つの悩みは 人参の塊を食べる事が出来ず 今でも人参の塊を残します。
人参の塊を噛んだ時の歯ごたえが ムニュッとして気持ち悪いんです。
多分 多くの男性も私と同じような理由で 人参の塊を残してると思われます。
肉じゃがに入ってる人参の塊も 同じように残してしまいます。
人参を入れないカレーや肉じゃがを作った事がありますが、味が『角が立ってる』
というか 人参を入れないと まろやかさが足りない感じになります。
なので、人参は必要だと思いますが 私にとっては 人参はダシと同じで 
料理が出来上がったら ダシの役目を終えた人参の塊(カス)は
盛り付けないで 料理を出して欲しいと思います。
前回のカレーライスの時 いつものように人参の塊を残しましたが、
暇だったので 食べ終えた皿に 横一列に人参の塊をキチンと並べて席を立ちました。
浜モンが それを見て『もう二度とカレーは作んない!』とご立腹されました。


   ~ 話は変わって 里川の滝巡りを ~


始めに①熊穴沢の滝に行こうと思いました。 

案内板はアバウト過ぎるのでグーグルマップをプリントアウトしました。 

349号から22号に入り、山の奥の方に進んで行きます。
かなりの時間 探しましたが 熊穴沢の滝の案内板が見つかりませんでした。
橋を通り過ぎたところで車を止め 下を流れる渓流の写真を撮りましたが

ここではないと思います。時間切れで 撤退しました。 

次にNO.はありませんが、藤屋敷の滝を見に行く事にしました。 

道沿いに 猿喰のケヤキがありました。根囲20m、周囲8.8mです。 

大きいです。 

幹の下部に 大きな石を飲み込んでいます。 

 

 

少し戻った所に 東京電力の設備がありました。
階段を登って行くと そこに何があるのでしょうか?

何か 不気味な予感がしたので 階段を登って行くのはやめましたが気になります。

更に 少し戻った所に小さな橋がありました。
地図上は この辺りに 藤屋敷の滝があるはずです。

橋の上から 下を覗くと 滝っぽい感じの渓流が流れています。 

 

この左側に 木々の葉で隠れていますが 小さな滝が垣間見えます。 

これが 藤屋敷の滝かどうか 案内板がないので分かりません。



熊穴沢の滝も藤屋敷の滝も 橋から10mくらい下を流れている渓流の 
どこかにあると思います。
道と案内板がないので行く事が出来ませんが、
案内板がないので逆に ツールが揃えば 行ってみたい滝だと思いました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。