ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

娘からのプレゼント

数日前に娘からメールが届いていた。
内容はクリスマスプレゼントでリクエストがあればという内容だったが
そこに『淋しい事を言わないで。ブログは続けてね。』と書いてあった。
私のブログの一番の読者は娘だったことを再認識することに…
最近はアウトドアの時間が増え、正直なところ部屋でPCの前に座り
ブログの文章を考え 文字を入力する事が面倒くさく思うようになってた。
ブログは書きたいことをかいてスパッと終わりにしようかななんて…


以前、娘が小学校の頃に 家族で2週間かけて北海道旅行をした事があります。
お盆休みの1週間と 会社には家族が危篤(嘘つきました)と言って1週間
合わせて2週間の休みを取り 車で北海道を1周しました。
最初の日と稚内での2日間以外は 全てテントで過ごしました。
若かったから出来ましたが、今は 絶対に出来ません。無理です。
この時の旅行は娘の記憶にもハッキリと残っているようです。


実は この北海道旅行をする事にした約5年前に浜モンが大病をしました。
病院を退院した日から 私は家に帰るのが とても恐怖でした。
会社が終わり 家に近づくと『家に明かりがついてますように!』と
毎日 祈ってました。家に灯りがついているのを確認すると
ホッとして全身の力が抜けるような気持でした。
極まれに家の明かりがついていない時がありました。
当時は携帯電話などない時代で 
『どうしたんだろう?まさか救急車で運ばれたのか…』なんて
悪く考えてしまいます。自分の心臓の音がバクバク聞こえてきます。
ドアのカギを開け 家に入るとテーブルの上に
『おじいちゃんの家に行って遅くなるから』と置き手紙が…
私はその場に倒れこみ ホッとしたことも覚えています。
これを5年間続け ほぼ 大丈夫かなと思い、
気持ちを切り替えた生活を送る区切りとして北海道旅行を思いつきました。
この時に 強く思ったのが、
私一人で生きていくのは とても無理だという事です。
私は家族を守る、家を守るだけに徹して
浜モンが家の中心にいて好き勝手なことをして
子供が元気であれば
それが一番良いと思ったのが 運の尽きです。
浜モンは私の心も知らないで 好き勝手に何十年と…


娘が来年の6月頃に半月ほど 我が家に滞在します。
その時 北海道~金沢旅行をする予定との事で
2泊3日ほど一緒に行かないと言ったので 
ちょっと前に 白神山地を一緒に歩くと言ったけど
白神山地は人が多そうなので 北海道にしようかな~なんて検討中。
クリスマスプレゼントというより
一緒に行くのは北海道に変更して 昔の辛かったことを乗り越えたことを
もう一度 思い出してみたいというのが今の心境かな…


それと 娘が読者である内は ブログは続けようかなと思う。


        



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。