ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

ブドウ狩りに再度行く

 


        ゆるい午後  遠回りする  帰り道


久しぶりに気持ちのいい晴天となったので 再度 ブドウ狩りに出かけた。


一週間前 30年来 毎年出かけているブドウ農家へ行った時の事である。
家の前に のぼり(旗)が立ってなく アレッと思いながらも入っていくと
今年は長雨と日照時間不足で満足なぶどうが取れないため のぼり(旗)を
立てるのをやめたとの事。マスカットに似た緑色のぶどうを出し
『これは大丈夫だよ』と農家の人が申し訳なさそうに言うが、
毎年 親戚に巨峰を送って喜んでもらっていたので緑色のブドウは断り
『来週来るから。来週は大丈夫でしょう。』
と言った。農家の人は 
『色が薄いし甘みも今年は少ないので 来週でも約束できないよ。』
と言い、緑色の売り物のブドウを一房くれ 
ブドウの予約の金を渡そうとしたが受け取らず、
最後まで巨峰を売ってくれなかった。


一週間過ぎて 天気も良いし 大丈夫だろうと 
いつも行ってるブドウ農家に ダメ元で 行ってみることにした。
少しだけ 贈り物でも大丈夫な巨峰が採れたというので
親戚に送る分をギリギリで 全てキープすることが出来た。
帰り際に 浜モンが
『贈り物は終わったので 傷物でもいいので 家で食べるやつが欲しいけど。』
と言うと、農家の人が 
『500円で良いよ。』
と ブドウ畑にブドウを採りに行った。両手に大きなかご 一杯にブドウが。
量ると9Kgあった。9Kgで500円。1Kgが なんと 56円なんですけど!

 


贈り物のブドウに比べると粒の数は70%くらいで 色も濃くなく 味も若干薄いが。
十分 美味しいんです。それにしても 安すぎますよね。


ここは他のブドウ農家に比べると安いのは安いんです。
2Kg買うと おまけで2Kgと採れたての野菜を袋一杯いれてくれるような所だが、
さすがに 今年は申し訳ないと思いました。


自然現象には逆らうことはできず、不作の時は 農家の人は大変だと思うんです。
帰りの車の中で 浜モンが
『これ かわいそうだよね。』
と ポツリと言いました。あの鬼の浜モンが言うくらいですから・・・


私たちは完ぺきなものが当たり前に作られると思ってるけど
自然には決して逆らえないという事を 
また 不作に見舞われた時に
プライドを持って働いている農家の人とどのように関われば良いのか
しっかりと考えてみても良いのかなと思った次第です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。