ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

馬の耳にヘッドホン

『馬の耳にも念仏』という諺がある。意味は
 ~ためになる言葉や意見を言っても相手が全く聞かない~
だそうです。


これは言葉や意見を言う側が相手を見て受けた印象を表してるものだと思う。
多くの場合は たしかに その通りだと思われる。
ただ、相手は人間。
いくらなんでも 相手を動物に例えるのは失礼ではないかとも思う。
ましてや 馬に例えるなんて・・・。


時として 上記の意味とは違った場合もおきたりする。
例えば 年配者が とても理解できない内容を 延々と 若い人に
知ったかぶりして 話し続けたりする場合。
このような場合は 何度言われても 若い人は受け入れないでしょう。
聞く側が 全く聞かないことが 正しいと思われる場合だって発生する。


このような時に限定で 意識して相手の言葉や意見を聞かない諺として
『馬の耳にヘッドホン』
ってのは どうでしょう?

  




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。