ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

たかが ” お ”、されど ” お ”・・・

『お昼ごはん』とは言うけど、『お朝ごはん』とは決して言わない。
理由なんてなくて、昔からそう言ってきて、これからもそう言うから。


この丁寧な ” お ” を付けるか付けないかで看板に主張があったり
するのかどうか 看板マニアとしては興味がある。
2つの看板がある。コンビニSとコンビニLである。




コンビニSの『お静かに願います』に対して
コンビニLは『お静かにお願いします。」である。
この微妙な表現の差に ライバル同士の火花パチパチを感じてしまう。


看板マニアのハコ太郎探偵に、どのような主張があるか想像してもらおう。
ハコ太郎の想像によると、



コンビニS:『丁寧な”お”は、1つの文章で2回使わないほうが良いと
       思います。2回使うと、逆におかしく思われたり、
       相手に対して失礼になったりする事があります。
       なので、願いますには”お”は付けません。』
コンビニL:『サービス業にとって”お願いします”はイロハのイです。
       サービス業で”願います”では違和感があると感じます。
       従って、”お願いします”の上に”お静かに”を付け加えた
       だけなので、こちらが自然だと思っています。』


もう少し具体的に言った場合は、どうでしょうか?


コンビニS:『例えば、中学か高校の時に、油ギトギトで性格が悪い国語
       教師がいませんでしたか?その教師が”お”を2回使う
       と、お丁寧じゃなく、貴方が疑われちゃうよ。
       ケッ。ケッ。ケッ。なんて言ってませんでしたか?
       この不愉快な言われ方をしても、残念ですが
       正しいものは正しいんです。
       嫌でも正しいものにはキチンと従うのが筋だと思ってます。』
コンビニL:『”お”を付けないで”願いましては”なんてソロバンじゃ
       ないんだから。世の中はどんどん変わってきていて、
       例えば、近くの市などが管理している公園などに
       行って看板を見れば分かると思うけど、ほとんどが
       ”お静かにお願いします”になってますよ。公的機関が
       いい加減な書き方は絶対にしないと思いますよ。』


くどうようですが、本音はどうなんですか?


コンビニS、L:『本当はですか?
         ”お”どころか”願います”もね・・・
         静かに!・・・では、ちょっと、・・・
         本当に・・・・・・難しいですよね。』


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。