ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

通信簿 空を飛ぶ


吉田拓郎の曲に”夏休み”というのがあるが、
歌い出しが”麦わら帽子~”で始まり、
最後が”~せみの声”で終わってたと思うが・・・。
3つの単語を並べると
 
 夏休み
 麦わら帽子
 せみの声


名曲は、どこを切り取っても すごいなと思う。


夏休みの時期になると、小学生の夏休みの初日に、
通信簿が風に吹かれて飛んでったことを思い出す。


夏休みの初日は、ランドセルではなく手提げかばんだけを持って
学校に行き、通信簿を受け取るとそのまま学校を飛び出した。
家に帰る途中に溜め池があり、そこで夢中で遊んだ時の事である。
溜め池の底は、何故かあちこちが割れていて、
水はきれいな湧き水が10cm程度、溜まっている状態である。
土手に手提げかばんを置いて、そのため池で鬼ごっこをした。
普通は足のくるぶし程度の水位なのでなんともないが、
場所によっては地割れがひどく深い箇所があり、
ひざ上まではまってしまう所もあれば、
胸あたりまで水浸しになってしまうところもあった。
鬼になったら、当然、その水浸しになる場所に相手を追い込むように
走り回るのである。
1時間程度で、ほぼ全員が胸まで水浸しになって鬼ごっこは終わる。


土手のところに戻ると、あちこちに紙が散乱していた。
お便りや通信簿が風によって溜め池の中に散らかっていた。


 通信簿
 ふわりふわりと
 池の中


通信簿の先生の万年筆で書いたコメント欄がにじんでしまって
何が書いているのか さっぱり分からなかった。


 青い空
 洗濯物と
 通信簿


洗濯ものを吊るすロープに、私のランニングシャツなどと一緒に
通信簿が洗濯ばさみで挟んで干してあり、
風にゆらゆら揺れていた。


※ かぐや姫とさだまさしのGO7GO(合計4つ)は
  個人的都合で、本日、削除する。
  改めて時間をかけて、
  内容を訂正したものが出来上がれば、公開することにする。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。