ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

娘と二人で旅行をする  別府編

娘と二人で4泊5日の旅行をしました。 
ドイツからの飛行機が悪天候で、羽田では別の機のパンクで、
ダブルで遅れて 別府温泉に到着したのは 夜11時でした。
『エンマ』での地獄蒸しの料理を楽しみにしてましたが 
遅くなってしまい 食べる事が出来ませんでした。残念!


私達が泊った宿は 『いでゆ坂』を少し上に登って 細い路地を入った所にありました。
THE昭和が漂う家族で経営している こじんまりした旅館です。
朝食前に 旅館の回りを少し散歩しました。 
町中に 湯けむりがモクモクとあがってました。

泊まった所は『しんきや』という名の古い旅館です。 

玄関の脇にかまどがあり、そこは宿泊客が自由に使えると言ってました。

遅く着いたので何もしませんでしたが、食材を買ってきて蒸し料理をしたかったです。 

玄関で振り返ってみると 怪しい建物から温泉の蒸気が噴出してました。 

この雰囲気全体が好きです。
旅館には 小さな風呂場が3ヶ所ありました。
1ヶ所は 夜 旅館に着くと すぐ入りましたが とてもまろやかないい湯でした。
3ヶ所とも 風呂の内側に?マークの先端のような形の針金状のものを穴の中にいれる

カギがついていて ゆっくり入ることができました。 

露天は二階で 樽の形状で 1人専用くらいのサイズでした。 

内湯には 沢山のシャンプーが置いてあり 自由に使ってくださいと書いてありました。

家族で切り盛りしてる旅館ならではと思いました。 

朝食は THE昭和の朝の旅館で出てくる内容です。

しょっぱい鮭の切り身と温泉卵があれば それで充分です。 

近くに『地獄めぐり』があり、朝食後 観光することにしました。 

白池地獄です。ピラニアなど熱帯魚が沢山いました。 

鬼山地獄です。ワニがいました。外国語が飛び交っていました。 

かまど地獄です。 

海地獄です。ベストポジションの位置では 外国語が飛び交ってました。 

鬼石坊主地獄です。泥パックっぽい感じの灰色をしてました。 

血の池地獄です。赤色は 多分 鉄分かと思います…。 

龍巻地獄です。


別府の雰囲気は落ち着きますが、外国語が飛び交う団体客が集団で移動してるのと
ぶつかると 『今の観光地はこうなんですか~』と思ってしまいます。


ここで一旦 終わりますが、これから宇佐神社へ向かって車を走らせます。
一本道なので 娘が運転をしました。
何度もワイパーが右に左に これは教えて頂いてた『あるある』で
やっぱりと思いました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。