ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

反射炉跡を見に行く

100均(ダイソー)で 町内会の会費を集金するのに使う袋を買ってきて
と浜モンに言われ、『おつかい』をすることになった。
ちょっと遠くのダイソーがあり、その近くには県史跡の反射炉跡があるので
喜んで『おつかい』をする事にした。
車で1時間弱の所に反射炉跡がある事は知っていたが、
いつでも行けると思って 今まで一度も行ったことがなかったのである。

 

駐車場に車を止めると 前に立派な門があった。
近くの案内板を見ると 階段を登った先に反射炉跡があった。 

門は山上門と言うらしいが、階段を登る途中で振り返って写真を撮った。 

階段を登った平坦な場所に 大きな木があった。 

 

木の名前は分からない。
右手に耐火煉瓦を造るための登り窯があった。

 

 

ここで造った耐火煉瓦で反射炉を作り上げたと書いてある。 

予想していたものより はるかに大きな反射炉だった。 

 

  

 

 

この大きな木は これからもずーっと反射炉を見続けるんでしょうね… 

以前 山口県萩市にある世界遺産に反射炉を見た事があります。
サイズが小さく 試作なのかなと思いましたが、設計者や製造者の心意気を

感じるフォルムに しばし 時間を忘れるくらい見入ってしまいました。 

 

興味ない人にとっては どうかなとは思いますが、
素晴らしい建造物だと思います…


余談ですが 世界遺産の富岡製糸場にも行ったことがありますが、
その時 近くの『こんにゃくパーク』にも立ち寄りました。
『富岡製糸場』と『こんにゃくパーク』で もう一度行くとしたら どちら?
と聞かれたら 『こんにゃくパーク』と即答します。


私は 世界遺産だから良いとか悪いとかではなくて 結果は別にして
当時の若者が夢を持って作り上げたかどうかを基準にして見ます。
当時 技術は無くても一生懸命に真正面から物つくりをしてる所を見つけると
グーっときてしまい…、見てて飽きません。 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。