ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

御前山城跡・ハイキングに再トライ 前編

土曜日の天気予報で 日曜日の午後から曇りだし 来週の月~木曜日が雨との事。
月~木曜日のいずれかに 御前山城跡・ハイキングの再トライを考えていたが、
このままでは雨で行かなくなり ズルズルと時間が過ぎそうだったので…
まだ、左足の付け根がジンジンと痛かったが 武士は弱音をはかないので、
日曜日の朝から御前山城跡・ハイキングに行くことにした。


土曜日に二軒目のケーキ屋にタルトを買いに行ったが、
チーズ、チョコ、ナッツなどの薄くて若干小ぶりなものしかなく、
私のイメージしたものが売ってなかったので、タルトを買うのをやめ、
何も買わないのも なんなので ロールケーキを買って家に帰った。


ロールケーキを4等分にして 一つを浜モンに渡してタルトの事を話したら、
『フルーツが入った厚みのあるタルトは フルーツが取れる時でないと無いよ!
 ところで ロールケーキは陸橋を渡ったすぐの所のケーキ屋が美味しいけど!』
と浜モンが言った。別のケーキ屋で買った話をすると
『陸橋を渡った所が美味しいのに… これは 普通ネ…』
と言いながらも パクパク食べてた。


日曜日は午後から曇りだすので 朝早く 家を出発しようと思った。
朝6時に起きて朝食のパンを焼くのに 浜モンに食べるか聞いたら、
『こんな早い時間に食べないよ!おじいちゃん時間には無理~♬』の声が。
私一人分を作り サッサと食べ 出発の準備をしようとしたところ、
ロールケーキがない… どこにもない… 
昨日 浜モンが あれほど普通ネと言って 美味しそうに食べなかったので
まさか浜モンが 夜 一人で食うなんてことは 絶対無いはず… 
一体 どこにロールケーキがあるんだろう…?
探してても時間が過ぎるだけ 私も あまり食べたい訳でもなかったので
サッサと出かけた。
出かける時に 妙な空気が流れた…
私が こんなに早く 一人で出かけるのは20年ぶりで、
釣りではなく 一人で城跡・ハイキングをすることにビックリしたかも…
少し急いでいたので飲み物も忘れてしまった。
今回の食べ物は 登り口近くのコンビニで買ったおむすびとお茶だけである。


前回リタイアした場所に到着した。少しだけ 左足の付け根が痛いだけだった。 

ここまでの急なつづら折りの道が嘘のように なだらかな登りと下りの道が続いた。
道は 多分 里山の稜線のようなところにあり 
かまぼこ状の真ん中の道をだらだらと歩き続けた。 

こんな道を 歩き続けました。 

おっとっとー! 空堀が見えてきました。 

城跡です。自然に出来た凹凸とどこが違うか…? 

これ 結構 良いですね。だけど、城跡に関しては何の説明書きもありません。 

右側の崖の向こうは空堀になっていて その先に城跡があります。 

今までと違って 細長い長方形状の平らな土地が続きます。
きっと このあたり一帯に 城があったと思われます。 
ここで 暫く休憩しました。
鳥のさえずり、風が葉っぱを揺らす音、たまりません。
昔 ここで城を造るのに 多くの人々が動員されました。
なかには 青春をここで過ごした人がいたのかもしれません。
森に関して 言霊という言葉を聞くことがあります。
城跡を見てると 時が過ぎるにつれ 徐々に自然に戻りますが、
どこかに 人の手が加えられたような形が長く残ってます。
それを見ると そこに言霊が居るのではと 私は思ったりします。

鐘つき堂跡につきました。建物が見えてきましたが、鐘はありませんでした。 

周りの景色が良く見えました。 
一面 私の好きな風景で 少しの時間 ボーっとしてました。

 

 

ここからはハイキングコースになります。
左足の付け根が 先ほどより痛みは増しましたが 何とか歩けるところまで行こうかと。 

メタボな木がありました。

   

だらだらと 緩やかな登りと下りが 続きます。
左足の付け根が かなり痛くなってきました。
かばって歩いていたので 右足の膝の上も痛くなってきました。
私一人ですから 『帰ろうか~♬』って甘い囁きが…


 登り道 すぐ下り道 また登り だましだましで 一歩ずつゼヨ


ここで考えました。 加速を使えば 早く前に進むのかな…
武士は ゴタゴタ言わず 一気に走り抜ける気持ちを持たないと…
下り坂の時に小走りで走り 登りになったときに加速の勢いを使って一気に登る。
登りの途中まで行くと 足が痛くてストップし、痛みが止むまで休憩。
これを 何度か繰り返して フッと 思ったことがあります。


イソップ童話の『うさぎとカメ』です。
最後には ゆっくりと着実に歩いて行くカメのほうが先に頂上に着く話です。
ウサギは 多分 今の私と同じように加速を利用した走りで一気に進み 
途中の休憩をたっぷりとって長引いて 最後に負けたのでは。
ウサギは 武士の生まれ変わりなのかな…。
ちなみに 私は うさぎ年生まれですが、なにか? 

イノシシらしい足跡がありました。 

ウサギか狸らしい足跡がありました。 

大きな足跡がありました。何か分かりません。ちょっと怖いです。


長くなりましたので ここで一旦 終わりにします。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。