ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

瓜連城跡に行く

3時間ほど自由な時間がとれたので 急いで瓜連城跡へ行ってみた。
瓜連城跡は常福寺の後ろ側に城跡を見る事ができる。
写真は常福寺の山門である。後ろに桜門が見える。  

桜門はデカくて立派であるが 少々 頭でっかちで地震に弱そうである。
屋根の上側、側面に家紋があるが 良く見るマークである。 

本堂の左側をすり抜けて 裏側に行く直前に土塁と思われる高い丘があった。 

デカいです。左側の道に向かって進みます。 

デカい空堀を進み、途中で竹藪に細い道があったので登る事にしました。 

急な坂を登ると幅広のデカい土塁が続いている郭に出ました。 

土塁の上を歩いて進んで行くと 大きな木がありました。

   

  

この木は 戦を見ていたんでしょうね… 

見張り台に使ったのかな…? 盛り土がありました。 

急な坂の虎口を降りて行きました。細い郭と坂 見ごたえがあります。 

郭の一部に凹みがあり 下へ行けるようになっています。 

これを下がると 一面の田んぼが見えます。 

去年までは この田んぼで動く農機具の動きが面白くて 長時間 見てましたが、
今年は 農機具の他に城跡が加わり 面白さが倍増しました。
もうすぐ田植えのシーズンですが、楽しみです。 

下がらないで左へ向かって歩いて行くと バカでかい堀があります。
以上で 瓜連城跡の散策は終わりです。


正直なところマニアックすぎて 城跡の何処が面白いの?と 
思われる人がほとんどだと思います…
私自身も 時々 疑問に思う事もありますが、
自然の中で 過去を自由に想像しながら 夢中で歩き回ると
体はクタクタになってるが 帰りの車の運転中は
また 行こうかな…なんて 気持ちになるから不思議です。


次回は 城跡無しのハイキングをしようかなと思います。


久米城跡でランチ 町を散策

前回 久米城跡・ハイキングで ランチセットを全部 忘れてしまうという
爽やかすぎる失態をしてしまいました。全部だと かえって気持ちいい…
迷彩柄のリュック自体が重すぎて リュックに中身が入ってるかどうか
背中に背負っただけではよく分からないのですが、
折りたたみ式の段ボールが入れられるという理由だけで使っていました。
前回は 段ボール以外は空っぽの重いリュックを背負って歩いていたんです。


どうしても殿様気分でランチをしたいと 再度 久米城跡に行きました。


今回は懲りたので軽いナイロン製の小さなリュックにランチセットを入れ
一輪挿しの花瓶も持っていくのを止めました。ランチを絶対忘れない決意です。 

久米城本城跡に到着しました。旗が立っていました。
旗の近くでランチをしようと イス(石)を探しましたがなく、イス(椅子)の代わりに
使える切り株がありました。早速 ランチの準備をしました。 

折りたたみ式のテーブルキットを持ってこなかったので ほぼ 地べたに置きました。
マルちゃんのホットワンタン、冷凍ご飯、卵のふわふわスープ、おかか、あさつきです。
私がよく見るブログで美味しそうにカップラーメンを食されてる写真を拝見していて、
私も いつか 本城跡でカップ麺を食べてみようかなと思っていました。
だた 真似してもどうなのかな~と思ったのと、浜モンがワンタンにご飯を入れて
ガッツリ食べてるのを見て これをアレンジしたものの方が良いかなと思いました。


作り方ですが、最初にホットワンタンに入ってるスープの粉末と

卵のふわふわスープを入れ熱湯を注ぎ 3分待ちます。 熱湯は少なめです。

 

この後に 冷凍のご飯を投入します。 

ご飯を投入したら スプーンで ご飯を よく ほぐします。 

おかかとあさつきをトッピングしたら 完成です。
旗をバックに 本城跡で この ワンタン入りおじやを食べました。 

青空の そして 心地よい風を受け 一言 『余は満足じゃ!』 

青空のもとで食べたからかもしれませんが、とても美味しかったです。
また、ガッツリなので腹持ちが 予想以上にありました。


ランチの後は 町を散策しました。
一昔前のバブリーな家が 沢山 並んでいました。
個人の家の写真を載せる訳にはいきませんので、許容範囲の塀のみの写真を載せます。 

パッと見た感じは 何処にでもある田舎の道ですが… 

 

 

 

 

 

 

私の知ってる里山の麓にある家並みではありませんでした。