ゆるい午後にGO7GO

ゆるい午後 遠回りする 帰り道
のどかな午後の時間を満喫できたらと思う。

殻の割れる音が聞こえる…

私が親元から離れ 始めての下宿生活をした時の事である。
当時の私は 極度のシャイで また 全てにコンプレックスを持っていた。
私が始めて下宿生活をした所は 学生が12名(4名×3棟)下宿できる部屋があり、
新しく下宿する新1年生は 私と もう1人の2名だけだった。


私は18歳まで日本海側の平野で生まれ育ってきたが、当時 太平洋側の
特に千葉から和歌山までの間で生まれ育った人物に コンプレックスを持っていた。
今思えば馬鹿げているが 太平洋側は海の幸、山の幸が豊富で みんな裕福な家
なんだろうと勝手に想像し 特に静岡県は富士山はあるし みかんも獲れるので
日本で1番 裕福だと思っていた。
嫌な予感はしたが もう一人の新1年生は静岡からきた奴だった。
彼と始めて会った時の服装が 赤のチェック(チェッカーズが着ていそうな柄)
のシャツに白い綿パン姿だった。
お世辞にも似合ってるとは思えなかったが そのような服装を 
平気で着れる あっけらかんとした神経が 私は羨ましかった。
裕福な静岡県では 別に気にすることもなく自然の事なんだ… と。


引っ越して すぐは 仕送りは郵便局で送ってもらっていたが、
金曜日午後3時~月曜日9時の間はお金を引き落とすことが出来なかった。
金曜日にお金を引き落とせず 無一文で月曜日の朝まで
過ごさねばならなかった時の事である。


私はシャイで引っ越したばかりだし『お金を貸してほしい』と言えなかった。
お腹が空いても我慢していたが 限界近かった。
新1年生の静岡きてる奴に 限界になり事情を説明したところ お金を貸してくれ、
『お茶漬けでよかったら 俺の部屋に来なよ!』
と言ってくれた。私は感謝して 彼の部屋に行くと 
彼はどんぶりに山盛りにご飯を盛って お茶漬けを出してくれた。
そのお茶漬けですが…、始めて見ました。
山盛りのご飯に お茶をかけただけです。何ものってません…
何ものっていないお茶漬けなんて見たことも 食べたことも ありませんでした。
彼も一緒に食べたのですが、私は途中で ちょっと全部食べるの無理かも…
と、何度かギブアップしそうになりましたが、最後まで我慢で食べました。


その時でした…


私の中にある固い殻が食べている途中に ミシッミシッと割れる音が聞こえました。
な~んだ静岡、同じじゃねえか~静岡、どうしたんだ静岡…
みんな 同じなんだって事が よく 分かったんです。


自分が造った殻って 割れる時は割れるんです… 音を立ててね!


最近 同じような感触を味わいました。
城跡やハイキングなどで巨樹を見た時ですが、殻が割れるような音がしました…
最近見た巨樹です。

 

 

 


5月の九州旅行の時に見てみたい巨樹です。 
楽しみにしています…
きっと ミシッミシッと 音がするんだろうなあ~


〇 熊本県熊本市 北迫町    クスノキ  
  www.hitozato-kyoboku.com/jakushin-kusu.html
〇 佐賀県武雄市 川古     クスノキ  
         武雄     クスノキ  
         塚崎     クスノキ  
  tumulucc.jp/archives/556
 


反射炉跡を見に行く

100均(ダイソー)で 町内会の会費を集金するのに使う袋を買ってきて
と浜モンに言われ、『おつかい』をすることになった。
ちょっと遠くのダイソーがあり、その近くには県史跡の反射炉跡があるので
喜んで『おつかい』をする事にした。
車で1時間弱の所に反射炉跡がある事は知っていたが、
いつでも行けると思って 今まで一度も行ったことがなかったのである。

 

駐車場に車を止めると 前に立派な門があった。
近くの案内板を見ると 階段を登った先に反射炉跡があった。 

門は山上門と言うらしいが、階段を登る途中で振り返って写真を撮った。 

階段を登った平坦な場所に 大きな木があった。 

 

木の名前は分からない。
右手に耐火煉瓦を造るための登り窯があった。

 

 

ここで造った耐火煉瓦で反射炉を作り上げたと書いてある。 

予想していたものより はるかに大きな反射炉だった。 

 

  

 

 

この大きな木は これからもずーっと反射炉を見続けるんでしょうね… 

以前 山口県萩市にある世界遺産に反射炉を見た事があります。
サイズが小さく 試作なのかなと思いましたが、設計者や製造者の心意気を

感じるフォルムに しばし 時間を忘れるくらい見入ってしまいました。 

 

興味ない人にとっては どうかなとは思いますが、
素晴らしい建造物だと思います…


余談ですが 世界遺産の富岡製糸場にも行ったことがありますが、
その時 近くの『こんにゃくパーク』にも立ち寄りました。
『富岡製糸場』と『こんにゃくパーク』で もう一度行くとしたら どちら?
と聞かれたら 『こんにゃくパーク』と即答します。


私は 世界遺産だから良いとか悪いとかではなくて 結果は別にして
当時の若者が夢を持って作り上げたかどうかを基準にして見ます。
当時 技術は無くても一生懸命に真正面から物つくりをしてる所を見つけると
グーっときてしまい…、見てて飽きません。